「モリンガ」が“人と環境を守り、雇用を創る”  3つのCSRを開始
2020.02.10 お知らせ

「モリンガ」が“人と環境を守り、雇用を創る” 3つのCSRを開始

時代に合わせた価値を創造する“ソーシャルカンパニー”、 株式会社ビースタイル(東京都新宿区:代表取締役 三原邦彦)は主婦層をメインとした雇用創出事業を通し、 社会と日本経済に貢献して参りました。 この度、創業から18年を経て売上が100億に届く規模へと成長しさらなる社会貢献のあり方を模索する中で、CSR推進室を立ち上げることとなりました。 CSR推進室が掲げるテーマは3つ。①ウェルネス、②ウーマン、③障がい者です。 事業・ビジネスの観点だけでなく、CSR活動を通して社会に必要とされる取り組み領域を広げ、日本の幸福度のさらなる向上に貢献して参ります。

 

ビースタイルのCSRテーマ その1:【ウェルネス】

 

 

【1】そもそも、モリンガとは? 北インド原産の地球上に存在する可食植物の中でトップクラスの栄養成分を含むワサビノキ科の植物です。モリンガの葉(写真右)から高い栄養素がとれ、モリンガの実・種・茎・花・根、捨てるところなく全てを使うことができます。

 

【2】なぜ、モリンガが環境や人にいいのか? ~~地球・環境にいいモリンガ~~

1-1:モリンガで気候変動対策を~スギの50倍の二酸化炭素を吸収~ 雨のあまり降らない乾燥地帯でも20度以上あれば育つ生命力の高い木です。モリンガは一般広葉樹の20倍の成長をし、杉の約50倍の二酸化炭素を吸収できます。多くのモリンガを植林すればするほど、増加し続ける二酸化炭素を吸収することができ、気候変動緩和に対しても貢献することが可能です。

 

1-2:モリンガの種は汚水を浄化する~水質浄化のために使われている地域も~ つぶしたモリンガの種で川の水をフィルター浄化するだけで、90~99%のバクテリアを除去するという実験結果が報告されています。アフリカでは水質浄化のために使われている地域もあります。 https://www.youtube.com/watch?time_continue=242&v=jKwVdZpscE0 より ~~人・健康にいいモリンガ~~

 

2:90種類の栄養素をもち、抗酸化物質46種類も含む圧倒的な栄養価~ ビタミン、ミネラル、アミノ酸など人間に必要なあらゆる栄養成分を含有、栄養価の高い植物でモリンガを植林すれば栄養価の高い食糧になります。実際に国連WFPの世界食糧計画にもモリンガが採用され、環境問題だけでなく貧困問題の解決策としても注目を集めています。

 

 

【3】モリンガ・バトン・プロジェクトの全体感

 

 

 

 

ビースタイルのCSRテーマ その2:【ウーマン】

 

https://b-tips.bstylegroup.co.jp/

 

ビースタイルのCSRテーマ その3:【チャレンジド(The Challenged)】

 

1:モリンガ関係で障がい者雇用を創造します。  

2:地方創生をテーマに沖縄の土地、農産物と障がい者の能力を活かした商品開発、製造、販売を行います。

 

 

<代表 三原邦彦より>

企業理念「時代に合わせた価値を創造する」の元、働きたいけれどフルタイムでは働けない、婚前のキャリアを活かしたいと考える主婦層へ時短のオフィスワーク仕事を中心に仕事と雇用の創出をして参りました。真の社会貢献と日本経済に貢献する「and実現」を追求し、売上100億規模になったことは、少なからず社会へ価値を提供できる会社になってきたと自負しております。 今後も変わらず「and実現」で日本の豊かさに繋がる活動を続けるとともに、CSR(事業・ビジネスの観点のみではカバーしきない、社会にとって必要な取り組み)を促進させることで日本の幸福度を上げていきたいと思います。 <プロフィール> 株式会社インテリジェンスを経て、2002年にビースタイルを創業。主婦が働きやすい時短仕事をオフィス内に創り出し、13万人の雇用を創造。人手不足が深刻化する現在、企業が働き手に合わせた働き方を用意して効果的に配置するポートフォリオ採用を推進する。

 

<株式会社ビースタイルについて> http://www.bstylegroup.co.jp/

企業理念は「best basic style 」。時代に合わせて新たなスタンダードをつくる会社です。この理念に基づき、2002年の創業以来、働きたい主夫に対して就業支援を行なってまいりました。約16年間で生み出した主婦の雇用数はのべ10万人以上。女性がそれぞれの価値観、ライフスタイルに合わせて働くことができる社会の実現に向け、派遣・在宅・ハイキャリアなど、様々な『しゅふJOBサービス』を提供しています。

 

≪本プレスリリースに関するお問い合わせ先≫
(株)ビースタイル広報担当:柴田・兒玉・川上
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7 野村不動産南新宿ビル3F 
Mail:pr@b-style.net ホームページ:http://www.bstylegroup.co.jp/

©2020 b-style challenge Inc.