Showcase

導入実績

ネオベジは、飲食店様をはじめとする
食品メーカー様へ、
消費者に合わせた
商品・メニューのご提案を行っております。
その一部を、ご導入頂いた
お客様のお声とともにご紹介いたします。

日本一の熟成師達のバナナを使った究極のバナナジュース専門店BANANA JUICE TOKYO

モリンガバナナジュース

NEOVEGE WORKS
  • 卸売
  • モニター
  • PR
  • イベント

メニュー開発者である代表の大橋貴尚さまにお話をうかがいました。

バナナの芳醇な香りと甘味にモリンガの風味が加った、栄養・味ともにバランスのよい1杯
~メニュー開発とPR配信の効果についてお聞きしました!~

―モリンガを使ったメニューを作ろうと思ったきっかけを教えてください。

 

もともと、オフィスワーカーの1食代わりにつかってもらえたらと始めたものでしたが、予想以上にニーズがあり、それであれば、より栄養バランスのよいものが作れないかと考え、トッピングをする商品を探していました。

 

そのなかで、以前巣鴨の店舗でお取引させて頂いていたモリンガを加えられないかと考え、改めてネオベジの小嶋様にご相談いたしました。

 

―モリンガ入りのジュースを作る際、なにかこだわったポイントはありますか。また、どれくらいモリンガを使用しているのですか?

 

栄養価を高めると同時に味のバランスが壊れないように注意しました。

 

そのために、1杯あたりモリンガパウダーは5g使用しました。

 

バナナの芳醇な香りと甘味にモリンガの抹茶風味が加わり、とてもバランスの良い1杯に仕上がっています。

 

―味・栄養ともにバランスの優れた1杯になっているということですね。

 バナナジュースにモリンガのグリーンが加わって、美味しそうな色味ですね。

 また、モリンガの摂取量5gということは、サラダ約1皿分の栄養と同等です。バナナのエネルギーや栄養と合わせることで1食の代わりになる、素晴らしいメニューですね。

 今後、特にどんな方にお召し上がりいただきたいとお考えですか。

 

特に朝ご飯を食べない人に飲んでもらいたいです。

 

朝食欠食している方については、将来的に成人病の罹患率が高まるとのデータも

あるそうなので、そういった方の未病対策に役立ててもらえればと考えています。

 

ー今回、弊社グループよりプレスリリース配信いたしました。

 ネオベジモリンガのPRについて、感想を教えていただけますか。

 

今回、プレスリリースを配信いただき、転載もされるなかで、プレスリリース見て来店いただけたお客様もいらっしゃいました。

 

通常、卸業者様は納入までというところがほとんどかと思いますが、ビースタイルチャレンジ様はこういったPRも協力していただけるので、導入後、お取引が続けやすいなと思いました。

 

なかなか新しいものを始めても認知までは時間がかかってしまうので、その間にあきらめることが多いのですが、その点をサポートいただけるのは大きなメリットだと思いました。

 

■お店紹介

日本一の熟成師達のバナナを使った究極のバナナジュース専門店
BANANA JUICE TOKYO

日本一の熟成師達のバナナ、300種類の牛乳を飲んだ女性が選んだ牛乳、銀座のBANANA JUICEから伝授された作り方を採用した「究極のバナナジュース」専門店。
オフィスワーカーが多い日本橋に店舗を構え、朝食・昼食を抜きがちな多忙なお客様の日々の栄養補給のために、 手軽に摂れる上質なバナナジュースを提供しています。

©2020 b-style challenge Inc.